S[ノウハウ販売者:H]はオススメ?詐欺?その真相・本音をレビュー…

 

 

この記事では、私永世が

マーケティング・心理学を交えた独自の視点から

話題のSについて考察レビューを行います。

 

S販売ページ→

URL:

 

 

もしもあなたが

 

・Sを購入しようか悩んでいる

・Sは詐欺商材なのか知りたい

・販売者のH氏について、信頼できる人物なのか知りたい

 

と思うのであれば、この記事を最後まで読んでください。

 

なぜなら、この記事の中で

・Sの販売の「狙い」と「意図」

・Sの販売者、H氏の心理やマーケティング戦略

 

に対して明確な根拠を交えながら

私独自の考察を示していくからです。

 

それは、H氏が信頼できるビジネスを展開しているかどうかを

あなたが判断するための明確な「材料」になるでしょう。

 

千件以上のカウンセリング経験を持ち

マーケティングと心理学を修めた私だからこそできる

S(H氏)の「本音」を考察し、追求していきます。

 

そして、その考察の過程自体が、マーケティング・コピーライティングの勉強という点からも、あなたに役立つ、タメになる点も多く含まれると思います。

 

あなたがもしも

・マーケティングを学びたい

・ビジネスの実力を高めたい

・コピーライティングの原則を知りたい

 

ならば、この記事は有益な「気づき」や「視点」がちりばめられた内容となっているはずです。

 

Sの販売者H氏の意図と私の考察、この2つを追いつつ

頭のエンジンをフル回転させながら、あなた自身の「考察」を

深めていただければと思います。

 

それでは、本題に移りましょう

 

  • Sのノウハウとスタイル

 

Sの推奨しているノウハウを一言で言えば「 」を解説した教材となります。

 

この手法が対象としているのは

 

 

といった人になるでしょう。

 

  • S(H)は優良教材なのかどうか?

 

この疑問について、このノウハウ選び十の基準

の視点から考察を加えていきます。

 

  • Sを、ノウハウ選び十の基準から診断

 

・「今の自分」でも取り組めそうだと思えるか?

・実践して、投資額以上の成果を出している自分をイメージできるか?

・内容がわかりやすく、実践までをスムーズに進められるか?

・内容が充実していて、基礎から応用まで解説しているか?

・高い再現性があるか?

・手厚いサポートがあるか?

・必要なアップデートがなされているか?

・そのノウハウを実践するデメリットについても補完されているか?

・ダイナミックな保証があるか?

・自分にとって信頼できる情報発信者が勧めているか?

(出展:)

【自己投資】詐欺商材と有料教材を見分ける「ノウハウ選び十の基準」とは

 

この「ノウハウ選びの十の基準」に基づいて、Sに考察を加えていきます。

 

・S(H)は「今の自分」でも取り組めそうだと思えるか?

・S(H)は実践して、投資額以上の成果を出している自分をイメージできるか?

・S(H)は内容がわかりやすく、実践までをスムーズに進められるか?

・S(H)は内容が充実していて、基礎から応用まで解説しているか?

・S(H)は高い再現性があるか?

・S(H)は手厚いサポートがあるか?

・S(H)は必要なアップデートがなされているか?

・S(H)はそのノウハウを実践するデメリットについても補完されているか?

・S(H)はダイナミックな保証があるか?

・S(H)は自分にとって信頼できる情報発信者が勧めているか?

 

 

  • Sのコピーライティングを読み解く…販売者H氏の真意は?

 

では次に、Sの販売ページから見えるH氏の「真意」について考察を加えていきます。

 

しかしながら、この業界に少なからず詳しい方であれば

「商品ページの多くをセールスライターが書いている以上、販売者とは別物では?」

とお思いになるかも知れません。

 

実際、「販売者とセールスライターは別物」というのは、この業界の常識です。

 

しかしながら、それはIphoneで例えるならば

「Iphoneを作っている設計者・技術者」と

「Iphoneのページを作っているWebデザイナー」が違うという程度の話です。

 

そのように表現するならば、さほど「不自然」とは感じないのではないでしょうか?

 

とはいえ、ここで問題となるのは

「どういう人に向けて、どのような考えで販売を行っているのか?」

という点です。

 

なぜならば、セールスライターは、必ず、教材の制作・販売者と綿密な打ち合わせの元、ランディングページを作成するからです。

 

先のIphoneの例で例えるのであれば

Iphoneの技術者とIphoneの紹介ページのWebデザイナーは

必ず打ち合わせを行っているということと同じことです。

 

Webデザイナー(セールスレター作成者)は必ず設計者・技術者との打ち合わせの中で、下記の点を明確にします。

 

・その商品のメリット・ベネフィットとはなにか?

・そのベネフィットは、そもそもどういう人の悩みを解決するために作られたものなのか?

・その人に向けて、どのようなメッセージ(言葉・画像)でベネフィットを伝えていくのか?

 

つまり、そこには必ず製作者・販売者なりの「見込み客の設定」や「マーケティング戦略」が反映されているというわけです。

 

・どんな人を対象にした商材なのか?

・どんな人に響くページを作成するのか?

・どのような形で売っていこうと考えているのか?

 

そのような打ち合わせの末に行き着いた結果こそが、販売ページであるということ。

 

つまり、コピーライティングとマーケティングは表裏一体のものというわけです。

 

詳しくはこちらの記事で更に深く解説しています。

【本格講義】財布×マーケティング×コピーライティング。商売の本質とは?

 

 

 

また、私自身「コピーライティングを使う側」の人間です。

 

なので、レター書いている側の「意図」や「狙い」は

手に取るように読み取ることができるのです。

 

それは例えるなら、さながら、料理人が料理を一口食べたときに

その「材料」や「調味料」を分析して、正確に言い当ててしまうようなものです。

 

つまり、私の目から販売ページを見れば、どのようなマーケティング戦略を取っているのかは、「一目瞭然」であるということです。

 

以上の理由から

コピーライティングには必ず販売者の「マーケティング戦略」が反映されているものであり

その「マーケティング戦略」を読み解くことで、販売者H氏の「ビジネスにおける理念と哲学」を考察していくことが出来るというわけです。

 

その前提に立った上で、Sの販売者H氏の戦略を読み解いて行きましょう。

 

  • Sが対象にしている見込み客

→●Sの販売ページのフレーズ分析

 

 

  • S(H氏)は、どんな見込み客を相手にしているのか

 

 

  • S(H氏)は信用できる?信用できない?

 

以上の私の考察を前提として、S(H氏)は「」と考えられます。

 

その理由は、下記のとおりです。

 

・ノウハウの内容が具体的に書いて「」から

 

多くの場合、ノウハウの再現性に自信がある販売者ほど、そのノウハウを具体的かつ明確に示す傾向があります。

そうでない場合は、抽象的で口先だけの売り文句を並べながら、販売に導こうとします。

 

そして、このS(H氏)の販売ページは「」です。

 

つまり、この点からも「」という点を見て取ることができます。

 

・この販売ページの意図が「」であるから

 

 

 

  • 販売者Hの理念と哲学の考察

 

以上の理由から、Sの販売者H氏のビジネスにおける理念は…

 

「」

 

と言えるでしょう。

 

したがって、私ならば

「」

 

なぜなら、上述の通り

「」

だからです。

 

 

  • 【結論】S(H氏)はオススメできるのか?オススメできないのか?

→S(H)は、こういう人にはオススメ

 

あなたが、上記のポイントに当てはまるのでしたら

このSに手を出してみても良いと思います。

 

→URL

※私からの購入者には特典をつけています。

(教材を買ってから「最初にやること」をまとめたレポート)

 

対して、ここまでお伝えしてきたように、あなたが以下の特徴に当てはまるのでしたら、このSを手にとるのは、控えたほうが賢明でしょう。

 

→S(H)が向かない人

 

 

なぜなら、Sには

 

という特徴があるためです。

 

  • 最後に:S(H氏)が向かない人には…

 

 

そんな人には…

私の主催しているne0neの特別指導講義をご案内させて頂きます。

 

私の講義では、Sにはない

 

というメリットを網羅しています。

 

さらには、今ならば「完全無料」で「利益保証」を付けています。

 

PDFプレゼントと、ステップバイステップの特別指導で

確実最速で引き上げていきます。

 

もしもあなたが

 

・とにかくお金に困っている…

・ノウハウコレクターになって、いまだに稼げない…

・ネットビジネスだけで生計を立てられる実力を最速で身に着けたい

 

のであれば、ぜひ一度ご覧いただければと思います。

 

 

それでは。

 

.