動画講義

 

 

これより結果を出すための「正しいノウハウ」を選ぶ

その「基準」について述べていきたいと思います。

 

この基準こそがまさに

これから自己投資をしていく先を決める

「基準」となる考え方になります。

 

この基準を押さえるからこそ、

結果を出せる「正しいノウハウ」にたどり着くことが出来ます。

 

自己投資を失敗して

お金の無駄遣いをしたくない人は

注意して読み進めてください。

 

それを述べる際、自己投資を行っていく上で守るべき

厳格な「ルール」の存在に触れないわけには行きません。

 

それをこれから述べて行きます。

 

自己投資における「ルール」とノウハウ選びの「ポイント」とは?

28 8 1 - 【自己投資】詐欺商材と有料教材を見分ける「ノウハウ選び十の基準」とは

まず、自己投資という言葉の意味を振り返ってみます。

 

自己投資とは、

・無目的にお金と時間を無駄遣いしないこと

・目的のために、必要なお金と時間を効果的に使うこと

 

という二つです。

 

そして、「目的のためにお金と時間を、効果的に使う」ために、

自己投資において守るべき「ルール」が存在します。

 

そのルールとは、たった一つだけです。

 

自己投資におけるルールとは、

 

・投資額以上の利益が出せること

 

ただそれだけです。

 

自己投資を失敗せず

結果を成功に導くには

 

「投資額以上の利益を出す」

ただこれだけのシンプルな「ルール」を守ることです。

 

あたりまえすぎる話です。

 

しかし、この前提があるからこそ

お金と時間を

「無駄遣い」をしないで

「効果的に」使うことが出来ます。

 

そして、自己投資先のノウハウとは必然的に

「投資額以上の利益が出せるノウハウ」

ということになります。

 

その上で、これから述べていくのは

「投資額以上の利益が出せるノウハウ」を見極めていく上での

重要な「ポイント」になります。

 

詐欺商材と有料教材の見分け方…ノウハウ選びの「十の基準」とは

28 7 1 - 【自己投資】詐欺商材と有料教材を見分ける「ノウハウ選び十の基準」とは

正しいノウハウを見極める上でのポイントは、下記の「十の基準」です。

 

  1. ・「今の自分」でも取り組めそうだと思えるか?
  2. ・実践して、投資額以上の成果を出している自分をイメージできるか?
  3. ・内容がわかりやすく、実践までをスムーズに進められるか?
  4. ・内容が充実していて、基礎から応用まで解説しているか?
  5. ・高い再現性があるか?
  6. ・手厚いサポートがあるか?
  7. ・必要なアップデートがなされているか?
  8. ・そのノウハウを実践するデメリットについても補完されているか?
  9. ・ダイナミックな保証があるか?
  10. ・自分にとって信頼できる情報発信者が勧めているか?

 

これらは、「全てが必須」というわけではありません。

1つでも多くの基準を満たしているノウハウを選ぶようにすると

失敗のリスクを最小化することが出来ます。

 

では、これから、この一つ一つについて解説していきましょう。

 

・「今の自分」でも取り組めそうだと思えるか?

 

教材やノウハウには、初心者むけから、上級者向けのものまで

それぞれに対象としているレベルがあります。

 

なので、「今の自分」でも始められるノウハウを選ぶことが必要です。

 

足し算や引き算を学んでいる小学生が

高校生の、微分積分の教科書を渡されても

手も足も出ないのと同じことと言えます。

 

なので、「今の自分」でも始められるノウハウを選びましょう。

 

 

・実践して、投資額以上の成果を出している自分をイメージできるか?

 

買うからには実践して、成果を出さないと

「投資額以上の利益」は出せません。

 

そのためには、ノウハウの内容がわかりやすく

スムーズに実践に移行できる

親切でわかりやすい教材を選ぶことが必要です。

 

・内容がわかりやすく、実践までをスムーズに進められるか?

 

教材の実践を勧めていくのに必要なのは

「これで稼げるんだ」というイメージです。

 

なので、自分が実践して成果を出せるというイメージがわかない教材には

手を出すべきではありません。

 

そのイメージがわかない状態で買ったところで

結果は出せないでしょう。

 

なので、内容がわかりやすく、実践までをスムーズに進められる教材を選んで下さい。

 

・内容が充実していて、基礎から応用まで解説しているか?

 

基礎をはじめからていねいに伝えながら

奥の深い「応用編」までを収録しているノウハウ

それだけ投資価値が高い教材であると言えます。

 

内容が充実している、奥の深いノウハウを学び、実践しましょう。

その方がコストパフォーマンスが高く、

「投資額以上の利益を大きく稼ぐ」ことができます。

 

・高い再現性があるか?

 

いくら美辞麗句を並べたところで

そのノウハウに「再現性」がなければ意味がありません。

 

「やれば、誰でもできる」

という、多くの人が結果を出している

「再現性」のあるノウハウを選びましょう。

 

そのために、多くの人が結果を出しているかどうか

ということが重要なポイントとなります。

 

・手厚いサポートがあるか?

 

そのノウハウを学習・実践する際に生じる、

様々な疑問点を解消するだけの

手厚いサポート体制が存在しているかどうかということも

大切なポイントです。

 

「わからないところを聞けば、ちゃんと答えてくれる」

という体制がしっかりしていれば、

安心感をもって実践を進めていくことが出来ます。

 

なので、サポートが手厚いものを選びましょう。

 

・必要なアップデートがなされているか?

 

ネットビジネスは移り変わりが激しいため

一時期通用していたノウハウが、

すぐに使えなくなるということはザラにあります。

 

だからこそ、その教材の提供者が

その教材を「アップデート」しているということは

その教材の「信頼性」につながります。

 

また、アップデートを行っているノウハウを一度買えば、

そのノウハウは「長期的に」使えるということでもあります。

 

売り捨てられて、時代の流れに取り残された「死んだノウハウ」を選んではいけません。

時代の流れに合わせてリアルタイムに「進化」している「生きたノウハウ」を選びましょう。

 

それが、「アップデート」されかどうか、という点で見極めることができる、

ということです。

 

・そのノウハウを実践するデメリットについても補完されているか?

 

ノウハウというものは、どうしても「一長一短」です。

メリットもあれば、デメリットもあります。

 

しかし、その「メリット」だけではなく

「デメリット」にまで堂々と言及しているノウハウ

非常に「フェア」な教材であると言えます。

 

さらには、そのデメリットを打ち消すような「対策」まで

取ってあれば理想的です。

 

そういったデメリットについても堂々と公開して、

さらに、その対策までしているノウハウを選ぶようにしましょう。

 

・ダイナミックな保証があるか?

 

ノウハウの中には、

「保証」がついているものがあります。

 

例を上げて、そのパターンを説明します。

 

気に入らなければ返金します

実践して結果が出なければ返金します

といった「返金保証」や

 

結果が出るまで無期限でサポートします

といった「サポート保証」など、

その内容は多岐にわたります。

 

そのサポートがダイナミックで

販売者の負担する「リスク」が大きいということは

販売者も「本気で結果を出させる」という自信があることの現れです。

 

なので、販売者が保証する内容が

リスクを恐れないダイナミックであるということも

ノウハウ選びのポイントとしましょう。

 

・自分にとって信頼できる情報発信者が勧めているか?

 

自分にとって信頼できる情報発信者が

勧めているものを選びましょう。

 

ここで言う「信頼できる情報発信者」とは

「投資額以上の利益が出せるノウハウ」を

紹介している情報発信者であるということです。

 

情報発信者の中には、「悪質」な人間も多々存在します。

 

高額報酬案件ばかりを、報酬目的で無差別に紹介していたり

自分で入手してもいない教材を紹介するような情報発信者の言うことを

決して鵜呑みにしてはいけません。

 

信頼できる情報発信者とは

 

自ら頭を動かし、手を使って稼いでいて、

豊富な情報量と経験値を有し、

なおかつ、「購入者」との長期的な信頼関係を

大切にしている人物、ということです。

 

そのようなスタンスの情報発信者が紹介する商品であれば

「お墨付き」として買う価値があるでしょう。

 

正しいノウハウ選びの「十の基準」まとめ

30 2 - 【自己投資】詐欺商材と有料教材を見分ける「ノウハウ選び十の基準」とは

  1. ・「今の自分」でも取り組めそうだと思えるか?
  2. ・実践して、投資額以上の成果を出している自分をイメージできるか?
  3. ・内容がわかりやすく、実践までをスムーズに進められるか?
  4. ・内容が充実していて、基礎から応用まで解説しているか?
  5. ・高い再現性があるか?
  6. ・手厚いサポートがあるか?
  7. ・必要なアップデートがなされているか?
  8. ・そのノウハウを実践するデメリットについても補完されているか?
  9. ・ダイナミックな保証があるか?
  10. ・自分にとって信頼できる情報発信者が勧めているか?

 

これらのポイントについては

必ずしも「全て必須」というわけではありませんが

これから「正しいノウハウ」を選ぶ上での

大切な基準となってきます。

 

そして、私が自分でノウハウを買う際も

人に進める際にも、必ずこの「正しいノウハウ選びの十の基準」に沿って

効果的なノウハウを選んで来ました。

 

また、こちらの講義では、

その正しいノウハウとその実践事例も紹介していますので、

是非ご確認下さい。

 

それでは。

034fb13d5fc218b49c88f309845275b9 - 永世独立物語