「ブログで稼ぐ」、というテーマにおいて非常に有名であり、

ブロガーの間でよく名前が上がる人物に

イケダハヤトさんがいます。

 

「ブログで月500万円稼ぎました!」

などなど様々なセンセーショナルな発表をして

多くの人に「ブログで稼ぐ」という

概念を普及させた人物であると言えるでしょう。

 

数々の炎上を経て話題性を高めている人物であり

いわゆる「ブロガー」の中でも代表格のように名前が挙げられる

非常に有名な人物です。

 

この記事では

イケダハヤトさんの収入源、稼ぎ方の正体は何なのか?

について見ていきます。

 

 

その後に、そのイケダハヤトさんのビジネスモデルを

客観的に俯瞰した上で

筆者の見解を、フラットなビジネス上の立場から

述べてみたいと思います。

 

イケダハヤトの稼ぎ方1:サロン

 

一時期イケダハヤトさんが運営していたのが

オンラインサロンです。

 

これは、月額約5000円を会員に請求し

イケダハヤトさんはその会員さんに対して

様々な情報発信や稼げるための

情報を伝えていくというものです。

 

そのテーマは、主に「ブログで稼ぐために」

というテーマに基づく情報発信です。

 

ただし、現在は閉鎖中です。

94b228d064871ff090335e04e8cae46e - イケダハヤトの稼ぎ方は?イケハヤブログの稼ぎ方を真似すべきでないマーケティング上の批判

こちらのサロンについては

一時に会員が420人と非常に伸びましたが

やがては100人規模になり

最後には閉鎖して終わりました。

 

イケダハヤトの稼ぎ方2:書籍販売

現在イケダハヤトさんが発表しているのが

AmazonやNoteといった販売されている電子書籍です。

 

こういった電子コンテンツが売れれば売れるほど

イケダハヤトさんの収益になります。

 

この収益形態については

わかりやすく「作家」を

イメージしてもらえるとわかりやすいでしょう。

 

自分の作品が売れれば売れるほど、

自分のお金になる、ということです。

 

イケダハヤトの稼ぎ方3:有料メルマガ

 

他に、イケダハヤトさんの発行している

「有料メルマガ」の存在があります。

 

登録した人に対して価値の高い限定的なメール発信を行い

毎月のメールを購読し続けてもらう、ということです。

 

その継続読者の支払う購読料が、

そのままイケダハヤトさんの収入になるというわけです。

 

イケダハヤトの稼ぎ方4:ブログのスポンサー広告

イケダハヤトさんのブログに貼っている

広告から商品が売れたり

広告がクリックされることで

イケダハヤトさんに収益が発生します。

 

要するにアフィリエイト広告ということです。

 

アフィリエイトについてはこちらで詳しく述べていますので

アフィリエイトって何?

という人はこちらから見ていただければと思います。

アフィリエイトが稼げる理由とは?その種類と難易度について解説

 

イケダハヤトの稼ぎ方をまとめ…

 

ここまでがイケダハヤトさんの

「キャッシュポイント」です。

 

すなわち

  1. ・サロン(閉鎖済み)
  2. ・AmazonoやNoteの書籍販売
  3. ・有料メルマガ
  4. ・ブログ広告

 

の4つ。

 

もちろん他にも収入源はあるかもしれませんが

基本としては

「コンテンツを作成し、それを周知し、単発・継続的に売る」

のがイケダハヤトさんの

基本となるビジネスモデルと言えるでしょう。

 

言い方を変えれば、

「自費出版作家」ということです。

 

  1. 商品作成
  2. 商品宣伝
  3. 商品販売

 

を一貫して自分で行うということ。

 

そして、それが上手く行っているからこそ

イケダハヤトさんは成功していると言えるでしょう。

 

イケダハヤトの稼ぎ方は「炎上マーケティング」

 

炎上でよく知られるイケダハヤトさんは、

時に、市井のサラリーマンを敵に回すような

過激な主張が取り上げられて、叩かれることがあります。

 

しかし、イケダハヤトさんとしては

SNS上の炎上が引き金になって多くのアクセスが見込めるなら

それがそのまま「売上」につながるので

むしろ美味しいというわけです。

 

そのアクセスが、Googleから評価されれば

イケダハヤトさんのブログ自体のパワーが強まり

順位も上昇し、よりアクセスが増えるというわけです。

 

すると、そのアクセスの中から

  1. ・サロン(閉鎖済み)
  2. ・AmazonoやNoteの書籍販売
  3. ・有料メルマガ
  4. ・ブログ広告

に登録・購入する人が出る。

 

それが、イケダハヤトさんの収入になる。

 

これを、炎上マーケティングと言います。

 

イケダハヤトさんは、

「ブログマネタイズ」や

「副業」

「ライフスタイル」

という話題のテーマに乗っかって

過激で個性的な主張を展開します。

 

そして、各ソーシャルメディアで発信力を拡散するという手法で

多くのアクセスをオウンドメディア(自分のブログ)に呼び込み

そこから各コンテンツに派生させて売上を出す

というスキームが出来上がっています。

 

例えば、ブログのタイトルも

「まだ仮想通貨もってないの?」というタイトルにしてみたり

「まだ東京で消耗してるの?」というタイトルにしてみたりと

多くの人の感情を(良くも悪くも)動かして

「クリックさせる」一文を計算して仕込んでいます。

 

イケダハヤトさんの武器は

最先端の話題性に乗っかった情報の鮮度と、

発信する情報の数であると言えるでしょう。

 

最新の情報について

個性を発揮した主張を展開する。

 

話題になっているホットな議論に、

(特に、ライフスタイル・マネタイズ系の話題に)

とにかく首を突っ込み、口を挟む。

 

そして反応を取り、オウンドメディアに誘導する。

 

賛成にせよ反発にせよ

多くの読者の「反応」を巻き起こして

それを火種に、自分のオウンドメディアに誘導し売上を出す。

 

 

つまり、トレンド(流行)に乗っかったキャッチーな主張を展開し

SNS上で拡散し、バズらせ

そこからオウンドメディアへの誘導を図り

商品を売るというスキームです。

 

イケダハヤトの稼ぎ方をマネるデメリット

 

このブログにおいては

イケダハヤトさんのキャラクター性について

賛否を述べるようなことはしません。

 

いわゆる平均収入を大きく上回る額を

パソコンから稼ぎ出している人物であることは間違いなく

その手法について、ビジネス上の視点から

分析を加えることは出来ますが

是非を述べても仕方がないからです。

 

また、特に批判をする気もありません。

 

ただ、イケダハヤトさんを

「稼ぎ方の見本」にするのは

果たして正解かと言われると

私としては首を捻らざるを得ません。

 

というか、真似はしないほうが良いです。

 

なぜなら、イケダハヤトさんの稼ぎ方は

これからネットビジネスに参入しようとする人にとっては

あまりにも「ハードルが高すぎる」から。

 

特に、イケダハヤトさんの発行する

「稼ぎ方」系の情報はオススメしません。

 

もちろん、イケダハヤトさんの発信している稼ぐための方法は

「すでに稼いでいる人が

ビジネス上のインスピレーションを受けるため」

としてなら特に否定されるものではないと思います。

 

また、すでにブロガーとして

ブログから収益を発生させている人が

ブログのネタとしてイケダハヤトさんから

刺激を受けたいというのも

それは自由だと思います。

 

しかし、このブログを読んでいるような

「これから脱サラしようとしている人」

「これから独立したいと思う人」

が「実用目的」で手を出そうとしているのなら、

決しておすすめできない、と言わざるを得ません。

 

それは、イケダハヤト流の稼ぎ方には

以下のデメリットがあるからです。

 

  1. イケダハヤトは稼ぐ力はあるが、稼がせる力はない
  2. イケダハヤトの稼ぎ方はファンの「信頼」を蓄積していない
  3. イケダハヤトの稼ぎ方はキャラクターマーケティングになっていない
  4. イケダハヤトの稼ぎ方はフロービジネスと近い
  5. イケダハヤトの稼ぎ方は自由を失う

 

では、これらの点について順次述べて行きます。

 

イケダハヤトは稼ぐ力はあるが、稼がせる力はない

イケダハヤトさんが大きく稼いでいることは

事実そうなのでしょう。

(検証したことも、する方法もないので

そうなのでしょう、としか言えませんが…)

 

ただし、イケダハヤトさんのもとに集う人物が

はたしてイケダハヤトさんのように

「稼げているのか?」というと

「ほぼ稼げてない」と言えます。

 

わかり易い例が、イケダハヤトさんの運営するサロンの例です。

94b228d064871ff090335e04e8cae46e - イケダハヤトの稼ぎ方は?イケハヤブログの稼ぎ方を真似すべきでないマーケティング上の批判

 

全盛期420人居たサロンの会員が

どんどん減っていき、最終的に100人にまで減りました。

そして、閉鎖に至りました。

 

それはなぜか、というと簡単なことです。

 

会員の多くが

そのサロンに投資する価値を感じなかったからです。

 

つまりは、投資する目的を達成できなかった、ということです。

 

その目的とは

「自分もブログの手法で稼げるようになりたい」

ということにほかなりません。

 

そして、それが達成できない

「元が取れない」と感じたから

会員の半分以上が

その投資を打ち切った、と考えるのが自然な推論です。

 

 

このサロンの人数の減少を見れば

イケダハヤトさんの運営するサロンから

「成功した人」がほぼ輩出されていないという

現実がうかびあがってきます。

 

イケダハヤトの稼ぎ方はファンの「信頼」を蓄積していない

 

また、時流に乗っかって次々と発言を重ねていく

イケダハヤトさんには

ファンを増やしていく上で大きな問題点があります。

 

それは主義主張における「一貫性のなさ」です。

 

つまり、キャラクタービジネスの根幹とも言える

人物の「主義・主張」が大きくぶれている。

 

ある時は仮想通貨を推してみたり

ある時はアフィリエイトを推してみたりと

おすすめしていくコンテンツ自体も二転三転とし

メディア・キャラクターの軸が定まっていません。

 

そして、商品を一貫性もなく売り込まれるたびに

ファンからの「信頼残高」を失い

ファンも離れていく。

 

このように、イケダハヤトさんは

 

  1. 注目を集める
  2. 見込み客を集める
  3. 商品を売る
  4. 見込み客を失う

 

という4つのサイクルをひたすら繰り返す

ビジネスモデルになっています。

 

イケダハヤトの稼ぎ方はキャラクターマーケティングになっていない

 

マーケティングは、顧客への価値提供です。

 

顧客が何を求めているか、そして、その顧客とどのような関係を築いていくのか

 

というテーマの追求が、マーケティングにおける本質です。

 

そのマーケティングの視点から

イケダハヤトさんのビジネスケースを見ていきましょう。

 

「ブログで稼ぐ」

「ノマドワーカー」

という言葉が大きくはやった数年前は

イケダハヤトさんの存在は、

いわば先駆け的な存在でした。

 

そのキャラクター性が

いわばオピニオンリーダー的に大きく注目を集めましたし

その発信する情報はすべからく重宝されました。

 

しかし、現在、世間の大きな注目が

すでに「ブログで脱サラ」から

「離れていきつつある」以上、

そのキャラクター性は風化せざるを得ません。

 

だからこそ、仮想通貨推しに

切り替えたイケダハヤトさんですが

その路線変更も、ファンからは「迷走」としか

言いようがないものに映ったことでしょう。

 

もしもイケダハヤトさんが

一貫して一つの主張をし続けていたなら

ここまでの「ファン離れ」は起きていなかったと思われます。

 

 イケダハヤトの稼ぎ方はフロービジネスと近い

 

先にも挙げたとおり

  1. 注目を集める
  2. 見込み客を集める
  3. 商品を売る
  4. 見込み客を失う

というサイクルを繰り返す限り

イケダハヤトさんは常に目立ち続け

メディア露出を重ねて

注目を集め続ける必要があります。

 

なぜこのような事態が起きているかというと

その理由は先ほども挙げたように

「主張の軸に一貫性がないから」です。

 

ある時は仮想通貨、ある時はブログと

結局何が言いたくて

何をしたいのかよくわからない。

 

ということは

そこに訪れるユーザーも

『イケダハヤト』というキャラクターと関わって

「何が得られるのか」ということがよくわからない。

 

一貫性がない、その多彩さが

ブランド性を大きく損ねているということです。

 

 

例を上げて説明します。

 

高額な電化製品を買う時をイメージして下さい。

そして、二つの店があるとします。

 

1電化製品だけを売っている大型家電量販店

2野菜からペットまで売っている総合スーパー

 

さて、どちらから買いたいと思うでしょうか。

 

当然、1の「電化製品だけを売っている大型家電量販店」

から買いたいと思うのが、多くの消費者の心理でしょう。

 

つまり、貫く主張は一つに絞ったほうが

そのキャラクター性に専門性が出るということです。

 

そして、それがそのまま「ブランド」になっていくということ。

 

要するに「そういうこと」です。

 

「イケダハヤトからは、ブログで稼ぐ、マネタイズする方法を学べる!」

 

と思っていたかつてのファンも

主張をコロコロ変えるイケダハヤトに対して

「またイケダハヤトが、なんか新しいこと言い始めた」

と、やや遠巻きな目で見ているか

あるいはそもそも見向きもしなくなるか…

 

このようにイケダハヤトさんは

一貫性のない主張でファンのリピーター化の機会を

大きく損失していると言えます。

 

イケダハヤトの稼ぎ方は自由を失う

 

なぜイケダハヤトさんの稼ぎ方が

「自由を失う」と言えるのか。

 

それは、顔出ししてるから、です。

 

顔出ししてるということは

常にその主張が

「顔」という取り返しの付かないほど大きな

「アイデンティティ(自己同一性)」と紐付けられます。

 

どういうことかというと

「イケダハヤトはブログで稼いでる人!」

と一度キャラクター付けしてしまったら

「ブログで稼いでる人!」以外になることは

「極めて困難」だということです。

 

実際、イケダハヤトが

「仮想通貨!」と新しく言い始めても

またか、と呆れるユーザーは多かったようです。

 

そして、仮想通貨の暴落を機に

それを推奨していた数多くの権威ある専門家が

その信頼性を失墜しました。

 

顔出しして主張していたイケダハヤトさんも

その例外ではありません。

 

「まだ仮想通貨持ってないの?」

というタイトルを皮肉られ

「まだ仮想通貨持ってるの?」

とSNS上で切り替えされるなどしています。

 

つまり、顔出ししてしまっては「主張の撤回」や

情報発信の方向転換が非常に困難になるということです。

 

ネット上に上げた主張や情報は

消してしまえば終わりですが

一度上げた顔画像は、流出するとなかなか消せませんし

また、整形でもしない限り顔は変えられません。

 

なので、あくまで

「稼ぐ」ということをメインテーマにする場合

顔出しをするという行為は、極めてリスクが高いと言わざるを得ません。

 

こればかりは、顔出しビジネスの

決定的なデメリットと言わざるを得ません。

 

また、イケダハヤトさんの稼ぎ方自体

常にトレンド(流行)に乗っかった主張を展開し続けて

アクセスを呼び込む形になるため

その収益は「プレーヤーとしての行動量」と

切っても切り離せません。

 

つまり、「始めたら降りられないビジネス」だということ。

 

そしてこれは、自由とは程遠いと

言わざるを得ません。

 

 

イケダハヤトの稼ぎ方を真似すべきでない理由のまとめ

 

以上が、「ビジネスモデル」という視点から

イケダハヤトさんを参考にする上での

問題点を列挙してきました。

 

イケダハヤトさんのように

「言いたいことを言って」

「多くの人に見られる発信をして」

「お金も稼いで好きに暮らす」

 

という「キャラクター」や

「ライフスタイル」が好きな人にとっては

それは「価値観」の問題と言えるので

この記事で論じるテーマではありませんし

それは個性として良いと思います。

 

また、イケダハヤトさんの人間性や人格に

共感や感銘を受けるというのも個性の問題です。

 

イケダハヤトさんのようなスタイルを

自己実現してみたいと考えるのもいいでしょう。

 

筆者としても、個人としてのイケダハヤトさんに

特に思うところも含むところもありません。

 

ただし、

「自分もブログ始めて、

イケダハヤトみたいに主張して

お金稼いで生きていこう!」

と考えるのは、

全くおすすめできません。

 

なぜなら、

ビジネスモデルとして見た場合

「分が悪すぎる」から。

 

まず成功しないでしょう。

 

ましてや、このブログの提唱する

「自由なお金と時間の両立」というテーマから見るならば

全くおすすめできないと言わざるを得ません。

 

このブログでは

普遍的なマーケティングスキルを背景にした収益の仕組みを構築し

 

手放し、顔出しなし、匿名でも可能な方法で

0から自由なお金と時間を両立し

好きに生きていきたいという人のためのメディアです。

 

そして、最終的には

個人的願望では使い切れないほどの経済的成功と

無職レベルに制限の無い時間的自由を

両立すること

 

それがこのブログで

一貫してお伝えしている主義主張となります。

 

そのために

再現性の高いノウハウを実践して

稼いでいく力を

0からガチで身につけようという人のための

超特化型実用ブログです。

 

そして、ここに投稿している一記事一記事が

極めて専門性が高い内容になっており

あなたが「自由なお金と時間の両立」を求めている限り

どの記事においても有益な情報を詰め込んでいます。

 

「実用的」なブログをひたすら追求し

一記事一記事にマーケティングのエッセンスや有益な情報を

コレでもかと詰め込んでいる、

まさにストイックな「実用書」です。

 

つきまして、このブログの見解としては

イケダハヤトさんのように

顔出し・本名出しで常にトレンド(流行)を追い求め

アクセスを追いかけ続けて収益を上げる

という手法は推奨しかねます。

 

その理由は上記に上げたとおり

顔出しで炎上記事をアップロードし続けるのは

現実的にも精神的にも負担やリスクが大きすぎるし

その成功の再現性についても限りなく低く

実行していく難易度も極めて高いからです。

 

 

現にイケダハヤトさんは

自身のブログでこのようなことを言っています。

 

「月に100万ブログで稼ぐのはプロ野球選手になるより難しい」

 

と。

 

この私に言わせれば、そんなことは決してありません。

 

しかし、この発言自体

イケダハヤトさん自身が

今のステージにたどり着くために

それこそ「プロ野球選手になる以上の苦労」を積み重ねてきたことの

裏返しと言えるでしょう。

 

実際、

イケダハヤトさんの行動量や

ブログ・SNSの更新頻度、

常に話題のネタを追いかけ続けるという労働量については

「ブログ運営者」としては

刮目すべき努力を重ねている人物と言えるかもしれません。

 

しかし、このne0neでは

多くの人に時間とお金の両立を得て頂くために

スマートに稼いでいくための

再現性が高い独自のノウハウを提供しています。

 

私は、

ネットビジネス参入4ヶ月目にして

月収200万以上を突破しましたが

間違ってもプロ野球選手を前に

「プロ野球選手になるより苦労してきました」

などとは口が裂けても言えません。

 

なぜなら、

比較もできないくらい、楽に、簡単に、

どこまでも効率的に、効果的に、

誰よりも素早く、稼いできたから。

 

もちろん、努力はしました。

苦労もしました。

 

しかし、私が掴み取った規模の成功と比較するならば

それらは全て

「あまりにも少ない努力」

であったと言わざるを得ません。

 

それは、私の師匠こそがまさに

参入二年目で億を稼ぎ出すという超一流のプレーヤーであり

その無駄のない洗練され尽くしたノウハウを

継承し、同じ道を実直に歩んできた結果です。

 

こうして振り返ってみても断言できることが一つあります。

 

ネットビジネスで成功できるか失敗できるかの

決定的な違いの一つは

「何(誰)に巡り会えるか」ということです。

 

言い方を変えれば、

正しい「手段」を見つけ、それを選ぶことが出来るか?

ということです。

 

例えば「移動」を例に上げて話すなら

 

人力車に乗るのか、

車に乗るのか、

新幹線に乗るのか、

音速ジェット機に乗るのか。

 

その選択一つで

 

移動できる「距離の限界」も

たどり着けるまでの「速度」も

移動中の「安全性」も

 

その選んだ「手段」に大きく依存します。

 

ネットビジネスも同じことです。

 

いかにレベル・再現性の高いノウハウと

出会えるかどうか。

 

実際、成功できるかどうかという確率は

その目的を達成する上での「手段」である

ノウハウや指導者を見極めるセンスに大きく依存します。

 

 

そしてそれを見極める方法はこちらで解説しています。

【自己投資】詐欺商材と有料教材を見分ける「ノウハウ選び十の基準」とは

 

そして私も、今までお世話になっていたメンター・師匠がいたから

その「効果的なノウハウ」を吸収し、実践していくことで

ここまで稼げるようになってきたわけです。

(しかも、簡単に、素早く)

 

私が簡単に成功できたのは

私が天才だったからではありません。

 

私が選んだ師匠のレベルが

「モンスターレベル」に高かったというだけの話です。

 

 

そして、そんな私が0から始めて

ここまでの成功を掴み取ってきた

そのノウハウを余すところなくお伝えしているのが

このne0neだということです。

 

そしてそのノウハウについてはこちらから無料で提供しています。

 

もしもあなたが、ここまでの私の主張である

「0から始めるお金と時間の両立」というテーマに対して

興味をいだいたなら

是非一度、下記のページをごらんください。

 

それでは。

.