ネットビジネスで、月収10万円以上を稼ぎ出した経験を持つ方は

ネットビジネスに取り組もうとされる方の数全体からすれば

決して多くはありません。

 

正しいノウハウにめぐりあい

正しいノウハウを実践し

そして「月収10万円以上」という壁を突破した人の数は

全体の中では、ごく一握りの人たちです。

 

しかし、その「月10万円」という壁を乗り越えた

中級者においても、まだまだ注意しなければならない

「落し穴」が存在しています。

 

そして、その落とし穴にハマってしまった場合

悲惨な末路を迎えることになりかねません。

 

これから、月収10万円以上の利益を出した

中級者の方を待つ数々の落し穴について解説していきます。

 

この「ネットビジネスの落とし穴講座」では、実践者のレベルを

便宜上下記の4つと定義して説明を進めていきたいと思います。

 

  • 入門者…ネットビジネスを知り、様々なノウハウを学びながら、取り組むノウハウを探している状態
  • 初心者…取り組むノウハウを決めて、結果を出そうと実践を開始している段階
  • 中級者…月収十万円以上を稼ぎ出した経験とスキルが身についた状態
  • 上級者…月収百万円以上を稼ぎ出し、自動化・安定化を図る状態

 

なお、こちらの記事はシリーズ物となっています。

【まとめ】「ネットビジネスの落し穴とは何か?その末路…」講義一覧

 

 

 

今回の記事は

  • 中級者…月収十万円以上を稼ぎ出した経験とスキルが身についた状態

の方に向けて、専門的に掘り下げた内容となります。

 

この記事の中で、中級者の多くの方が陥る「落し穴」について述べていくと共に

その乗り越え方を極めて具体的に解説していきます。

 

ですので、ある程度の成果を出したあなたが

その成功を維持しつつ

より大きな成功を目指したい場合は

この記事の内容を最後まで読んで、役立ててください。

 

 

Contents

「月収十万円以上」中級者を待ち受ける、ネットビジネスの落し穴とは?

 

ネットビジネス中級者の

「月収10万円以上を稼げた」という利益を出せた方。

 

その人が気をつけるべき落し穴は

成功の「維持」と「安定化」です。

 

一度掴んだ成功を「守り」ながら

より大きな成果を目指して「攻め」ていく。

 

その、「守り」…ディフェンスと

「攻め」…オフェンスの

バランス感覚が重要になってきます。

 

中級者の方の実践としては

モチベーションをキープしながら作業しつつ

同時に収入を効率化→自動化し

次の収入源の構築に移っていく

というプロセスになります。

 

そして、そのプロセスにおける落し穴とは

下記のとおりです。

 

  1. 実際に稼げたことで「稼ぎたい!」というモチベーションを失い、作業ペースが落ちる
  2. 結果が出たことに慣れて、作業自体に嫌気が差してくる
  3. 作ったビジネスのメンテナンスが面倒くさい
  4. 規約の違反や変更などで、収益システムが崩壊する
  5. 税金の処理
  6. 人間関係・プライベートの縮小化
  7. ライフサイクルの崩壊・昼夜逆転
  8. 本当に自動化をサポートしてくれるメンターはなかなかいない

 

ここまで来ると、月収10万円以上稼げているだけに

ある程度生活のサイクル自体も変わっているはずです。

 

言い方を変えれば、「人生が少し変化している状態」

と言っても良いわけです。

 

なので、「ライフスタイル」関係の項目が混ざり始めてきます。

では、それぞれの項目について一つ一つ見ていきましょう。

 

【中級者編】ネットビジネスの落とし穴 その1 実際に稼げたことで「稼ぎたい!」というモチベーションを失い、作業ペースが落ちる

 

稼げた!という成功体験があると

作業自体は楽しくなります。

そして、「やれば稼げる!」という状態は自信にも繋がります。

 

ただし…その状態に慣れてしまうと

その時から、作業モチベーションは下がっていきます。

 

【中級者編】ネットビジネスの落とし穴 その2 結果が出たことに慣れて、作業自体に嫌気が差してくる

 

出来なかったことが出来るようになるのは、楽しいものです。

しかし、やれば出来るとわかっている作業をひたすら続けていくのは

徐々に飽きてきます。

 

いわば、RPGでザコ敵を機械的に倒しながら

ひたすらレベルアップするような作業を想像して下さい。

 

もちろん、「やればできる」のは分かってる。

だけど、「やり続けなければ出来ない」とも言えるわけです。

 

【中級者編】ネットビジネスの落とし穴 その3 作ったビジネスのメンテナンスが面倒くさい

 

軌道に乗り始めたメディアやビジネスも

ある程度は「メンテナンス」が必要となります。

 

かわりばえのしない報酬を吐き出し続ける

そのメンテナンスの維持・管理だけでも

なかなか根気のいる作業です。

 

…と、ここまでに、その収入源の「維持」における

三つの「落し穴」を列挙してきました。

 

  1. 実際に稼げたことで「稼ぎたい!」というモチベーションを失い、作業ペースが落ちる
  2. 結果が出たことに慣れて、作業自体に嫌気が差してくる
  3. 作ったビジネスのメンテナンスが面倒くさい

 

とはいえ、ココで一つ…あえて、言っておきます。

 

ハッキリ言って、このレベルにおける悩みは、贅沢な悩みとも言えます。

 

なぜなら、ほとんどの人は稼げていないから。

 

星の数ほど溢れている「1円すらも成果が出ない状態」という

難民状態の人からすれば

「10万円も稼いでおいて、よくもそんなことを言う」

などと、石を投げられるような発言かもしれません。

 

実際、「月収十万円稼いだ人の悩み」

などは、稼げてない人からすれば

「喉から手が出るほど羨ましい」悩みでもあります。

 

しかしながら「月収十万円の継続収入」レベルにも

それ相応の「切実な悩み」があることは

私も過去にそのステージを通過したものとして

痛いくらいによくわかります。

(でなきゃこんな記事は書けません…苦笑)

 

とはいえ、もしもあなたが今

本当にネットで月収10万円以上を稼いでいて

その収入に「依存」している状態ならば

限りなく「恐ろしい」と感じていることが

一つあるのではないでしょうか。

 

それが、こちらです。

 

【中級者編】ネットビジネスの落とし穴 その4 規約の違反や変更などで、収益システムが崩壊する

 

中級者を待ち構えている最悪のケースであり

このステージの人が、実践しながら日々恐れているのが

汗水たらして作り上げてきた収入源が消滅する

ということです。

 

例えば…

・収益化していたツイッターのアカウントが凍結される

・Googleからペナルティを受けて、自分のブログの表示順位が一気に落ちる

・Adsenseの広告が規約違反で停止になる

・Yahooリスティング広告の出稿禁止

 

など。

 

これらは、いつ襲ってきても全くおかしくありません。

 

特に、FaceBookやツイッターといったソーシャルメディアなどは、

ユーザーの日々巻き起こす数々のトラブルに対処するために

日々その規約を変更し続けています。

 

その規約変更に巻き込まれて、いつ収入源が崩壊するかは

わかりません。

 

そしてこれらの「リスクの可能性」を数えあげればキリがありません。

こうした想定を裏付けるのが、過去にあった二つの事例です。

 

アメーバブログでの商用利用の禁止

この規約変更に伴って、当時数多くのアフィリエイトサイトが

予告なく削除されたというケースがあります。

 

Googleのパンダアップデートやペンギンアップデート

検索エンジンアルゴリズムの変動。

この時、小手先のSEOに頼っていた数多くのメディアが崩壊してしまいました。

 

この時、当時隆盛を誇っていた数多くのアフィリエイトサイトが崩壊。

中には鬱を発症するアフィリエイターもいたと聞き及んでいます。

 

だからこそ、私が声を大にして言いたいのは

目先の経済的な蓄えが

ある程度出来た時点で

素早く収入の軸を切り替えるべき

だということです。

 

この辺の「仕組み化」について話し出すと

長くなってしまいますのでここでは控えておきます。

 

その内容についても

特別指導講義の中では限定的に、

段階を追ってお伝えしています。

 

興味があれば、こちらから御覧ください。

 

.

 

【中級者編】ネットビジネスの落とし穴 その5 税金の処理

 

年収20万円を超えたときから

「確定申告」が義務付けられます。

 

こういった、税金管理も初心者アフィリエイターやネットビジネスマンの

落し穴の一つです。

 

詳しく解説すると長くなるので、大きくは省略しますが

ごく絞りに絞って私の税金周りのポイントを解説します。

 

 

【Point】初心者むけファイナンスの基礎

  1. 利益がそれなりに出たら、青色申告のための開業手続きを税務署に出す
  2. 家計用とビジネス用の決済手段を分ける(事業費はビジネス用で支払い、経費として計上しやすくする)
  3. 家計用とビジネス用の口座を分ける
  4. 収入額が大きくなれば、節税のための法人化も検討する
  5. コンサルタントができる税理士(節税のアドバイスや計画を立ててくれる)を、信頼できる紹介で選ぶ

 

詳しくは長くなるので別の記事にまとめますが

 

一言で言えば

税金周りの処理は、プロの税理士に任せて、余計な時間を使わないこと。

 

そして、税理士に依頼しやすくするために、事業用の経費はしっかりと

クレジットカード・口座を分けて管理するということ。

(でないと、税理士に依頼した際の手数料が増えてしまうケースも多々あります)

 

そして、財産のディフェンス(守り)を任せられる

信頼できる税理士を

なるべく紹介から見つけるということです。

 

収入が発生した後は、税金関連もそれなりに覚えることが多くて

混乱してしまうことも多々あるかと思います。

 

とはいえ、自営業の人がまず始めることとして

上記のポイントをそのままやることをおすすめします。

 

【中級者編】ネットビジネスの落とし穴 その6 人間関係・プライベートの希薄化

 

ネットビジネスの一つのよくありがちな悩みが

「人間関係・プライベートの希薄化」という点もあります。

 

特にアフィリエイトなどは

一人でもビジネスが成立してしまうので

これはもはやネットビジネスの宿命みたいなものです。

 

特に、独立するともなれば

今まで仕事でつながっていた人間関係も

会う頻度は激減することになるでしょう。

 

ネットビジネスは一人でも稼げるので

やろうと思ったら

延々引きこもったまま収入だけを稼ぎ続ける

などということも普通に可能です。

 

もし、一人で部屋にこもって黙々と作業する毎日に気が滅入ったなら

あえて、カフェや公園等のオープンスペースで仕事すると

良い気分転換になったりします。

 

また、実力や実績を付けたら

他のアフィリエイターとの人脈を広げることも出来ます。

 

ライフスタイルを変える以上は

それを取り巻く人間関係も必然的に変わってきますが

それでも、人脈を増やすも減らすも自由なのが

ネットビジネスの長所の一つです。

 

【中級者編】ネットビジネスの落とし穴 その7 ライフサイクルの崩壊・昼夜逆転

 

また、ネットビジネスは時間を問わずに出来る分だけ

生活習慣が乱れている人が多いとも言えます。

 

極端な話、「稼ぐ」ということだけ見れば

昼夜逆転しようが作業さえできていれば良いのです。

(健康にはよくありませんが…苦笑)

 

ただし、不規則な生活だと

「作業時間」そのものも不安定になり

結果「いつまでも作業できない」というスランプに陥るケースもあります。

 

夜更かししたければ、昼夜逆転しても構いません。

(オススメはしません。笑)

 

しかし、自由な時間を自分の意志で「コントロール」するという

自制心は、常に必要になります。

 

また、本当であれば「朝型」に切り替えるほうが良いです。

 

神経やホルモンのバランスから見ても身体にも良いですし

また、朝は「ゴールデンタイム」と言って

作業効率や創造性も高まる時間帯であると言われています。

 

なので、なるべく「朝早く起きる」

そのために必要な睡眠時間帯を計算して

「夜は早く寝る」ということを心がける事をおすすめします。

 

【中級者編】ネットビジネスの落とし穴 その8 本当に自動化をサポートしてくれるメンターはなかなかいない

 

そして、月収10万円を超えた人が次に感じることは…

どうしたらもっと効率的に稼げるか?

ということです。

 

その結果たどり着く概念が「自動化」であるということ。

 

そのステップこそが、このne0neで何度も繰り返している

「自動化収入の構築」です。

 

そしてそこからが

このne0neというメディアの真骨頂であるということ。

 

とはいえ、「本当の自動化収入」をサポートできる

メンター(指導者)というのは

この業界を見渡しても「本当に一握り」と言える状態にあります。

 

なぜならば、自動化収入構築におけるメンターとは

次の要素を全て持っていなければならないからです。

 

【Point】自動化収入構築における、「最上級メンター」の条件

・自身が自動化収入で継続的な利益を出していること

・自動化収入を人に伝えるという、熱意のある人だということ

・自身が指導している人に対して、同様に自動化収入で実績を出させているということ

・売る商品・扱うジャンルが違っても売っていける普遍的なマーケティング能力

・生徒の作ったコンテンツを自ら添削するコピーライティング能力と、環境の提供

 

 

…でもって、こんな事をわざわざやろうという人は

ハッキリ言って珍しいです。

 

なぜなら、すでに自動化収入で稼げるのだから。

 

わざわざ手取り足取り、コンサルをしてまで

人を稼がせようという物好きな実力者はほぼいません。

 

だって、目先の利益が目的なら、コンサルなどする必要がないわけですから。

 

逆に、「コンサルしますよ!」と

声高に叫び散らす人の「自称コンサル」ほど胡散臭いものはない。

 

そういう人は、「コンサル料」として

高額な報酬を受け取りたいだけの場合がほとんどです。

 

  • 連絡を取ろうとしても、なかなか返事が帰ってこなかったり…
  • サポートと言いつつ、全く返事が無かったり…
  • コンサル自体も、当たり障りのない励ましを繰り返すだけだったり…

 

本物のコンサルは、なかなか表には出回りません。

 

なぜなら、コンサルとはその性質上

大人数を機械的に

さばけるようなものではないからです。

 

そして、本物であるほどに結果が出るため

すぐに人数が集まり、すぐに締め切られてしまう。

(私の師匠なんかが、まさにそうでした)

 

だからこそ言えるのは

実力と熱意のある人の本物のコンサルであるほどに、クローズド(限定的)

であるということです。

 

実際、私も今お世話になっている、現在の師匠(メンター)のコンサルにたどり着くまでには

  1. コンサル生募集の案内を首を長くして待ち望み
  2. ついに、待ちきれずに問い合わせて
  3. 募集が始まれば何度も熱意を込めて作文を提出し
  4. 半年遊んで暮らせるほどのお金を支払い

その果にようやくコンサルを受け付けてもらったという経緯があります。

 

本当、苦労しました(苦笑)

 

しかし、そういった「敷居を下げない」という妥協のない姿勢にこそ

師匠の「意欲のある人については絶対に稼がせる」という思いが感じ取れたものです。

(まさに、「意識の低い人は最初からお断り」という形での募集企画でした)

 

そして、その判断を後悔してはいません。

 

そのメンターの選び方についてもまた詳しく記事にしていきます。

(※)「永世さんのメンターって誰ですか?」

「紹介してもらえませんか?」という問い合わせも

いい加減、無視できないくらいの量が来ています。

(別に、無視しているわけではないのですが…苦笑)

 

なので、いずれまとまった形で記事にしていきます。

現在は、こちらに公開しています。

 

また、その際には、ある「大きなオファーの案内」などもあるので、お楽しみに。

(どうしても知りたい!という人は、お問い合わせフォームからこっそりご連絡下さい)

 

さて、やや話がそれましたが、もう一度戻します。

 

まとめ:「月収十万円以上」中級者を待ち受ける、ネットビジネスの落し穴とは?

 

ここまでに、中級者を待ち受けるネットビジネスの落し穴について述べていきました。

 

  1. 実際に稼げたことで「稼ぎたい!」というモチベーションを失い、作業ペースが落ちる
  2. 結果が出たことに慣れて、作業自体に嫌気が差してくる
  3. 作ったビジネスのメンテナンスが面倒くさい
  4. 規約の違反や変更などで、収益システムが崩壊する
  5. 税金の処理
  6. 人間関係・プライベートの縮小化
  7. ライフサイクルの崩壊・昼夜逆転
  8. 本当に自動化をサポートしてくれるメンターはなかなかいない

 

そして、これらの落とし穴にハマってしまったら

どのような末路を迎えることになるのでしょうか?

 

中級者がネットビジネスに失敗した末路とは…

 

中級者がネットビジネスに失敗した末路とは、下記の三つです。

  • 意識と時間がビジネスに向けられすぎて、プライベートがなくなる
  • 孤独な中でモチベーションが切れて、作業ペースが維持できず収入が落ちていく
  • 収益システムが突然崩壊して、収入源を失う

 

では、これらを順番に見ていきます。

 

意識と時間がビジネスに向けられすぎて、プライベートがなくなる

 

サラリーマンの場合だと

歩合制の場合を除いて、能力や作業量に関係なく給料が入ってきます。

しかし、労働型のネットビジネスやアフィリエイトであれば

作業を中断した途端に収益が下がります。

 

つまり、フルコミッション(完全歩合制)のサラリーマンと

同じということです。

 

これが、自営業の怖いところ。

頭の中が、常に収益の数字に追っかけられていて

時間も不自由だし、何よりも「意識」が不自由です。

 

遊びに行ってても、ついつい収益が心配になる。

プライベートの時間も、「意識」がビジネスに拘束されている。

 

そういう意味で言えば、

毎月の給料がもらえるサラリーマンよりも

「時間的」には自由であっても

「意識的」には不自由であるということです。

 

だからこそ、毎月100万円稼げるような自動化収入を作る必要性が

まさに、そこに生まれてくるということです。

 

そういった私の提唱する

月100万円以上の収入を実現した

ライフスタイルの必要性については

プロフィールから御覧ください。

 

永世独立記

 

孤独な中でモチベーションが切れて、作業ペースが維持できず収入が落ちていく

 

孤独なパソコン作業に精神が疲れて

作業ペースが維持できないということも

中級者を待ち受ける大きな壁です。

 

やれば稼げるけど

やらなければ稼げないのが中級者の怖いところ。

そして、人間のモチベーションというのは

時期に応じて変わります。

 

だからこそ、手放しでも収益が上がり続ける

自動化収入の構築が必要となります。

 

収益システムが突然崩壊して、収入源を失う

 

ソーシャルメディアの規約変更などで

収益化のために創り上げたシステムが

突然崩壊するということもよくある話です。

 

そのソーシャルメディアに、収入を依存している状態は

「安定」とは程遠いものです。

 

では、外部ソーシャルメディアに依存しない

収益システムとは何なのか?

それが、「オウンドメディア」です。

 

つまり、サーバーを借りて、そこにブログなりサイトを立ち上げ

認知度を高めて収益を出していくということです。

 

その方法については、特別指導講座の中で

具体的なノウハウを提示しています。

 

まとめ:【中級者編(月10万円~)】ネットビジネスの落とし穴とは?その末路…

 

月収10万円以上を稼げた中級者のはまる落し穴は、下記のとおりです。

 

  1. 実際に稼げたことで「稼ぎたい!」というモチベーションを失い、作業ペースが落ちる
  2. 結果が出たことに慣れて、作業自体に嫌気が差してくる
  3. 作ったビジネスのメンテナンスが面倒くさい
  4. 規約の違反や変更などで、収益システムが崩壊する
  5. 税金の処理
  6. 人間関係・プライベートの希薄化
  7. ライフサイクルの崩壊・昼夜逆転
  8. 本当に自動化をサポートしてくれるメンターはなかなかいない

 

これらの落とし穴にはまった結果が

  • 意識と時間がビジネスに向けられすぎて、プライベートがなくなる
  • 孤独な中でモチベーションが切れて、作業ペースが維持できず収入が落ちていく
  • 収益システムが突然崩壊して、収入源を失う

ということ。

 

私自身、月10万円を稼げるようになり

その報酬を4倍、20倍と伸ばしていくにつれて

「たしかに稼げるけど、楽じゃない…」

と感じ始めていました。

 

また、同じ作業を継続するモチベーションのキープ自体にも

やはり「限界を感じていた」というのが実情です。

 

 

ネットビジネスという世界に

どれほどの夢を描くのかは人それぞれです。

 

しかし、私としては「自由な時間とお金の両立」を夢見ていたために

この「中級者」の規模の成功に物足りなさを感じ

そこからいよいよ本格的な「自動化月100万以上の収入源の構築」

に入っていったという経緯があります。

 

そして私が学び、歩んできた道のりを

後から続く方々に追って頂き

実際に「月100万円のゆとりがある暮らし」に

続いてもらうというのがこちらの「特別指導講義」の内容となります。

 

今の月10万円稼いだ状態から

さらなる高みを目指し、本当に

「自由なお金と時間の両立」を達成したいと願うのなら

是非特別指導講義のページもチェックしておいて下さい。

 

極めて実践的な内容なので人を選びます。

しかし、意欲と本気度の高い人であるほどに

満足頂ける内容になっています。

 

.

 

それでは。

 

※本シリーズの講義一覧はこちらから

【まとめ】「ネットビジネスの落し穴とは何か?その末路…」講義一覧