この記事では「DRM」について…

「DRM」がネットビジネスにおける

「最終地点」である

というテーマでお話していきたいと思います。

Contents

DRMというネットビジネスの「最終地点」

今回のお話の結論を先に述べるなら

ネットビジネスを極めんとするならば

遅かれ早かれ

最終的にはDRMにたどり着く

ということです。

逆に言えば「DRM」という「最終地点」に

たどり着けなかった人の数々が

軒並み「消えていく」というのが

「ネットビジネスの現実」でもあります。

なぜなら…

移り変わりがあまりにも激しい

このネットビジネスという世界では

「稼げるノウハウ」が

数年後には通用しなくなるのは

「珍しくもなんともない」ことだからです。

ハッキリ言って

「今稼げてるノウハウ」が

数年後まで稼げる保証なんて

どこの誰にも出来ません。

それくらいに、

流行り廃りが激しい世界だということです。

流行っては消えていく、ソーシャルメディア・SNSについて…

 

・mixi

・Gree

・Twitter

・無料ブログ

・Youtube

・FaceBook

・インスタグラム

・LINE

こういった数々の

「ソーシャルメディア」

と呼ばれる媒体。

今挙げたメディアの中には

あなたが「古い」と思うようなものも

あったことでしょう。

そして1年後には

また新しいメディアが流行し

ここに上げたメディアも

「古い」と呼ばれることに

なるのかもしれません。

少なくとも

「それはありえない」と断言できるような

明確な根拠を持つ人は

どこにも居ないのではないでしょうか。

それだけ、ソーシャルメデイアという世界は

流行り廃りが激しく

移り変わりが早いものであるということ。

そして、こういった「ソーシャルメディア」

を用いて構築した収入源が

「消滅した」という事例は

数え上げられないほど存在します。

ソーシャルメディア・SNSとは…他人の畑でする農業

・規約違反

・仕様変更

・アカウント凍結

・アカウント削除

私も、こういった「不測の事態」に見舞われて

育ててきたアカウントの数々が

一晩にして一網打尽にされ

「痛い目」を見てきたことが何度もあります。

要するに、いつ抹殺されても

おかしくはないということ。

そういうものは、所詮

「他人の畑で作物を育てている」

ようなものだからです。

どれだけ豊作であろうが

収穫があろうが

畑の主に「出て行け」と言われれば

それで全てが終わり。

その一言で、育ててきた作物は全滅です。

そして、今この現在時点で通用している

「稼げるノウハウ」と呼ばれるものの半分以上が

そういった外部サービスに依存するものである以上

数年後には、それらの多くが

「過去の遺物」と化しているでしょう。

ソーシャルメディア・SNSの激流に、消えていくノウハウの数々…

・ユーザーが減ったから

・規約が変わったから

・商用利用が禁止されたから

そんな様々な理由で

外部サービスの収入源が崩壊し

「稼げていた」ノウハウが

「稼げなくなる」のは、全く珍しくもない

よくある話です。

現に、これまでにも

数多くの「稼げる」ノウハウが謳われては

次々と消えていきました。

なんらかの「流行」に沿った

ソーシャルメディアのブームに乗っかり

一過性のノウハウや

一時しのぎのテクニックで稼いで

「安泰」などと勘違いした場合…

痛い目を見るのは

紛れもなくその本人です。

「ソーシャルメディア」(外部サービス)を用いた

「稼げるノウハウ」に手を出すというのは

「他人の畑で農業する方法を

時間とお金と労力を投じて学ぶ」

ということに他なりません。

私なら、その選択はありえない。

いつ抹殺されてもおかしくないからです。

ソーシャルメディアに依存することと、流氷の上に「住む」という危険性…

それはさながら

海に溺れたくがないがあまり

「流氷」に飛び乗って

住み着くようなものです。

もちろん、「冷たい海に溺れる」より

マシであることは否定しません。

ですが、そこに「安住」してしまったが最後…

いつか流氷は溶けて、再び海に沈むことになります。

それは、せいぜい

溺死するのが

少し先延ばしされただけ

ということに過ぎないのです。

いつ「悟る」ことが出来るのか…DRMこそが最終地点であると。

そして、ソーシャルメディアや

流行に乗っかったビジネスはまさに

「流氷」に過ぎないということです。

対して、流行り廃りとは無縁の

人間心理の本質に基づく

普遍的に通用するマーケティングスキル

というものが存在します。

人間心理というものの基本が

原始時代から変わらない以上

その人間心理をベースに据えた戦略が

時代に左右されることなどありえません。

少なくとも、この先100年で人間の思考パターンや

心理や本能が変わるような事態は

「まずありえない」というわけです。

そして、前者の「短期的なノウハウ」を選ぶのか

後者の「本質的な戦略」を選ぶのか。

それはいわば、移り変わりの激しく

不安定な「流氷」の上に立つのか。

流行り廃りのなく安定した

「陸地」の上に立つのか。

そういう「違い」であるということです。

DRMかソーシャルメディアか。

…「流氷」に立つか「陸地」に住むか

そして、その「流氷」と「陸地」を前にして

世の中には様々な人が居ます。

飛び乗った「流氷」の上で気持ちよく安眠し

そのまま海に沈んで、溺死する人もいる。

「流氷」から「流氷」へと

器用にせわしなく、命からがら飛び移る人もいる。

飛び乗った「流氷」の危うさに

いち早く気づいて

「陸地」へと脱出し、移住する人もいる。

最初から、「流氷」には目もくれず

「陸地」を見つけて泳いで、上陸を果たす人もいる。

…では、その

「陸地」とは何なのでしょうか?

その問いに対する『答え』こそが

今あなたの前にあるDRMという選択です。

ブログとメルマガによるDRMこそが、ネットビジネス最後の到達点であるとする理由

多くのネットビジネスが長続きしないものだと

主張しておきながら

なぜDRMは長続きすると言えるのか?

その根拠を示すなら、それは三つ、存在します。

1つ目。

DRMは

時代に左右されない

人間心理の本質に基づく

不変的なビジネスモデルであるから。

2つ目。

・ブログ

・メールマガジン

が自分のメディアである以上

外部に影響されることはまず無い、自分の所有物であり

それはれっきとした「資産」となるから。

3つ目

私の師匠こそが

9年以上に渡り

同じアフィリエイト戦略で億単位の収入を

稼ぎ続けているから。

では、この3つを順番に解説していきましょう。

ネットビジネスにおけるDRMという戦略の普遍性

まず、1つ目の理由。

DRMは、

時代に左右されない

人間心理の本質に基づく

不変的なビジネスモデルであるから。

この点について。

私達の提唱する

「ブログとメルマガを用いたDRMアフィリエイト戦略」

とは、流行り廃りに左右されない「人間心理」と

その動きを捉える販売手法を軸としています。

そんな「商売」の本質に立った上で

そのための「道具」としてWebのツールを活用する。

それほど「不変的な戦略」に基づいているからこそ

その本質が「流行」などに

ブレるようなことはありません。

そして、DRMにおけるブログとメールマガジンとは

ネット上のシステムを用いて

これを自動的に仕組み化していくための『道具』に過ぎません。

つまり、本質は

『ブログで稼ぐ』

『メルマガで稼ぐ』

というよりも

『DRMで稼ぐ』というのが

正確な表現となります。

そして事実上、DRMという手法自体は

目新しいものでは決してありません。

なぜなら、DRMとは

今までもこれからもある

シンプルな販売手法に過ぎないからです。

・お客さんを集めて(集客)

・信頼関係を作り(教育)

・商品の良さを伝えて売る。

(販売)

こんなシンプルな構図に

「流行り廃り」も何も

あるはずがないわけです。

・お客さんを集めて(集客)

・信頼関係を作り(教育)

・商品の良さを伝えて売る。

(販売)

という販売手法は

はるか昔から存在していましたし

これからも消えることは、まず考えられません。

これが、DRMが長続きする理由の1つ目です。

長続きする、というか

「消えるはずがない」とすら言ってもいいでしょう。

ネットビジネスのDRMで使うオウンドメディアの安定性

さらに、ブログとメルマガを用いた

DRMが長続きすると断言できる2つ目の理由。

それは

「自分の所有するメディアを、収益の軸にしているから」

です。

そのメディアこそが

・ブログ

・メールマガジン

この二つになります。

このオウンドメディア(自分の所有するメディア)

の二本柱を道具として

DRMという戦略を具現化する。

ここに、ソーシャルメディアのような

不確定な要素が入り込む余地はありません。

自分のメディアである以上

外部に影響されることはまず無い、自分の所有物であり

それはれっきとした「資産」となる。

そんな仕組み(資産)を

いくつもいくつも作り上げる。

それが師匠のやってきたことです。

DRMによるネットビジネスで長期間に渡る利益を挙げられる、その『実例』

多くのネットビジネスが長続きしないものだと

主張しておきながら

なぜDRMは長続きすると言えるのか?

その根拠の3つ目の理由。

それは

私の師匠こそが

9年以上に渡り

同じアフィリエイト戦略で億単位の収入を

稼ぎ続けているから

というのが、その「答え」です。

しかも、顔出しもせず、匿名のままに、です。

つまり「有名」とは無縁の存在のままに

知名度といった流行り廃りに依存することもなく

ただ「実力」のみで

億単位の結果を淡々と出し続けているという

歴然たる事実。

その事実こそが

DRMの長期性を証明する

十分な根拠と呼べるものではないでしょうか。

以上、DRMこそがネットビジネスの最終地点であるという3つの根拠です

DRMという戦略の『普遍性』

DRMに用いる手段(ブログ・メールマガジン)の『安定性』

DRMによって9年以上も億単位の収入を稼ぎ続けている『実例』

以上の3つが

DRMが永続的に通用する

ビジネスモデルであることの明確な根拠です。

だからこそ、DRMこそが最終地点であると

私は揺るぎない自信を持って

断言することが出来るのです。

ここまでの永続的な安定を実現できるネットビジネスは

DRM以外にはありえません。

だからこそそれを実践してきた師匠は

9年にも渡り億単位の収入を稼ぎ出し続けています。

そしてその実践の正しさこそが

「9年以上にも渡り利益を出し続ける」という

「長期的な結果」にあらわれていることは

もはや言うまでもありません。

数多くの情報発信者が

一発ギャグのお笑い芸人のごとく

華やかに現れては、物悲しく消えていく。

そんな姿を横目に

匿名かつ顔出しもなく

「実力」一本で

結果を出し、淡々と稼ぎ続ける。

その差をもたらしたものこそが

「流氷」の上に立つのか

「陸地」の上に住むのか

という「違い」であるということ。

その両者の「差」を目の当たりにして

「どちらを選ぶのか」という問いは

もはや「愚問」ではないでしょうか。

DRMのネットビジネスこそが一生涯に渡って食いっぱぐれる事のない手段

だからこそ、もしもあなたが今

「初心者」であり

その上で「DRM」というテーマを

今目の前にしているのだとするならば

そんなに「ラッキー」なことはありません。

なぜなら、DRMこそが

ネットビジネスという世界における

「最後の到達点」であり

「最後の選択肢」ですから。

言い方を変えれば

「一生涯に渡って

食いっぱぐれる事のない手段とはなにか?」

という問いに対する

「唯一の正解」と言っても良い。

ならば、最初からそれを極めていくことが

間違いなく「正解」であると

断言できます。

このDRMにたどり着き

それをマスターした時。

その時こそが

当て所なく稼げるノウハウを探し求め続ける

私達の漂流の旅が終わることを

意味しているのです。

DRMこそが、私達の「安息の地」

ノウハウコレクター達にとって

DRMを極めた場所にこそ

本当の「安息の地」がある。

・外部に影響されることのない

オウンドメディアで

長期的な利益を出し続けていく。

・そんな仕組みを次々作り出す

スキルを我が物にする。

それこそがネットビジネスにおける

「究極の到達点」であると私は思います。

散々「流氷」の上を飛び回って

ついに「上陸」できた私だからこそ、

今、声を大にして言えます。

「こっちに陸地があるんだから

もう脇目もふらずに頑張って泳いで

ここに上陸して下さい」

と。

結局、遅かれ早かれ

DRMという「陸地」にたどり着くことになるわけです。

「上陸」が出来ない限り

生涯に渡って「流氷」の上を転々とするか

最悪「溺死する」ことになるわけですから。

だったら、早く陸地にたどり着いて下さい。

ほかの選択肢に飛びつく必要など

いまさら「皆無」であると。

これが、私の伝えたいことです。

DRM以外のネットビジネスで成功しても…無意味です

仮にあなたが

『DRM以外』のノウハウで

それなりの成功を収めたとしても

その時こそ、あなたは

『いつまで続けられるかわからない…』

という不安定さに怯えながら

『いつまでも続けられるものではない…』

と、その維持にかかる苦労を痛感し

一過性のテクニックの虚しさを

身に沁みて感じることになるでしょう。

そして、今回の私の話を

より実感を帯びて思い出すことになるでしょう。

そして、そのときこそ本当に

『DRMをやっておけば今頃は…』

と、必ず思うことになるでしょう。

これは、私の経験に基づいて

『予言』しますし、『断言』します。

…脅すような言い方をして

失礼いたしました。

許して下さい。

ただ、私が過去に戻れるなら

まさに『数年前の自分』に

それを教えてあげたいと真心から思うのです。

そして今のあなたにも

真っ先に『正解』を選んでいただきたいと思うのです。

その正解とは

「自由な時間とお金を両立する最短ルート」に

ほかなりません。

DRMのネットビジネスで仕組み任せに上がり続ける収入

ブログとメールマガジンを効果的に活用して

仕組み任せに商品が売れ続ける仕組みを作り出す。

そんな仕組みを、望むだけ量産できる実力を身につける。

それこそが「自由な時間とお金の両立」という世界の

「パスポート」となります。

そして、その実現を求めて

ここまでたどり着いたあなたの前に

今、その道を示したいと思います。

私は、ここにたどり着くまでに

ずっと遠回りをしてきました。

DRMの前にも、様々な「ノウハウ」に

取り組んできたということです。

そのうちのいくつかで

そこそこの小金を稼いだこともありますが

それらはすべて

一過性の収入でした。

移りゆくソーシャルメディア・SNS…まさに「流氷」を飛び移っているような感覚でした。

『このノウハウが通用しなくなったらどうしようか…』

『このシステムが規約違反になったらどうしようか…』

そんな『対策のしようがないリスク』に怯えながら

いつ消えるともわからない収入源の構築のために

せっせと労力を注ぎ込んでいたわけです。

一度『F5(更新ボタン)』を押したら

次の瞬間にはまっさらに消えていないとも限らない。

毎朝報酬画面を確認しては

『今日も消えていない…』と心の奥に

安堵のため息を付いている自分がいました。

もちろん、私のように

「飛び移れるだけの流氷」を

見つけることができたのは

「海に溺れているような人(全く稼げない人)」

からすれば

羨ましいほどの成功に見えたかも知れません。

ですが、それを手に入れた私としては

全く満足できるようなものではありませんでした。

「いつまでも続けられるものではない」

という気持は、常にありました。

精神衛生上、全くよろしくない。

そんな私が

師匠の提唱する

DRMに惹かれていったのは

もはや必然の流れでした。

DRMを駆使したネットビジネス、ナマの事例

そのブログに謳われている

『DRM』の秘めた可能性は

私の常識を覆すようなものでした。

例えば、師匠のブログの一つを例に上げると…。

更新頻度は、月に数回という頻度。

(『趣味程度のクソブログ』などと

師匠は自分で言っています)

にもかかわらず、そこから上がる利益は

月100万~200万以上が『当たり前』。

それに対して『DRM』を

取り入れるまでの私は

「1日に10記事以上」というペースで

ブログを更新していたにもかかわらず、

その収入は、せいぜい月50万円位のものでした。

しかも、更新を止めた瞬間

収入はパタリと止まってしまう。

この対比こそがが『DRM』という手法を

取り入れるか

取り入れないかという

明確な「差」となって現れているわけです。

『ふざけんな!やってられるか!』

そう、私が叫びたくなるのも必然でした(笑)。

そのDRMの実践者『達』…

そして何よりも師匠の特筆すべき所は

自身のもとに集まる生徒を

同じ手法で同レベルのフェーズにまで

次々と引っ張り上げているという

その『指導力』にあります。

例えば、師匠のあるクライアント。

0スタートのフリーターから始め

半年を超えた辺りから

月100万~120万円を継続的に売り上げるレベルに

上り詰めたという方です。

その数字を見るだけで

『なんだそりゃ?』と言いたくなるほど

途方もないレベルでの成功ですが

師匠にとっては

『至ってフツー』のことだったりします。

他にも、

副業で月80万ベースの結果を出し

わずか一年で1000万円以上稼ぎ出したという方。

(といっても、これは事例掲載時点での数字なので

今どのくらいまで登っているのかは未知数です)

…と。

『このクラス』のプレーヤーを

現在進行系で量産しているのが

師匠というコンサルタントです。

まあ、こういった指導実績を

いちいち紹介していたのでは

とてもキリがありません。

そして…

やっぱり私も、DRMに行き着くことになりました

ガッツリ本業として集中し

「1日に10記事以上」という鬼のようなペースで

ブログを更新していたにもかかわらず、

月50万円位の収入の私。

対して、副業サブブログで

月数回の更新頻度で

涼しい顔で月7桁の収入を

当たり前のように稼ぎ出すDRM実践者達。

こんな事例の数々を見て

それでも続けられるほど

私は『我慢強くない』です(苦笑)

もはや、DRMをやらない理由は

ありませんでした。

そして私は師匠と

師匠のもとで結果を出している

数多くの先輩の背中を追いかけて

全力疾走を始めることにしたのでした。

DRMの非常識な再現性の理由…

そして、こんな非常識な再現性が

実現できてしまう理由は…

師匠が『自分ならこうする』という戦略を

そのまま生徒の手を動かして作り上げているから

ということに他ならないわけです。

つまり

『言われたことを吸収して、手を動かせば勝てる』

そんなウマい話に飛びついて

成功したのがこの私。

同じように、それだけのシンプルな構図で

師匠の元からは

次々と『トップアフィリエイター』が

量産されているような状態にあります。

後に続くか、続かないか。

それだけです

後はもう、あなたの選択に委ねたいと思います。

私達がやることは、至ってシンプルです。

行動するのなら、その手を導き、稼がせる。

それだけ。

同時にあなたのやることも、シンプルです。

私達の導きに沿って、手を動かし、稼ぐ仕組みを作っていく。

これは、あなたが初心者であろうが

上級者であろうが

0スタートのド素人であろうが

やってもらうことに

一切変わりはありません。

…だからこそ、実のところ。

正直に言えば…DRMは、初心者の方が…

むしろ、変な先入観を持ち込んだり

妙な手癖のついていない初心者の方ほど

素直に吸収し、結果を出しているのが

「実際のところ」だったりします。

だって、初心者だろうが上級者だろうが

やってもらうことがブレることは

一ミリもありませんから。

だからこそ、そこに専門技能だの才能だの能力だの

まったくもって必要ない。

自称『パソコンすらもともに扱えないド素人』である

師匠が作り出して、成功を収めてきたノウハウが

『技術的』に高度なものであるわけがないですし

『底辺一割の落ちこぼれ』である私が

同様に再現し、成功してきていることが

何よりもその証拠というわけです。

普遍のアフィリエイト戦略

DRMを学びたいと思うのなら

今のスタートラインなどは全く無関係です。

必要なのはただ

やる気と向上心だけ。

かつて私も、今のあなたと全く同じスタートラインに立っていました。

あなたがかつての私のように

「自由な時間とお金の両立」に対して

夢をいだき、心惹かれるのなら

ぜひこちらをご覧ください。

【企画案内】億を稼ぐメンターの話。トップアフィリエイターへの「最短ルート」とは?

 

それでは。